使い分ける必要があります|腰椎椎間板ヘルニアは治療で良くなる

看護師

利点と使い分けの方法

female

椎間孔を広げます

腰椎椎間板ヘルニアを患うと、下肢に痛みが発生するために、歩行困難になることがあります。その場合の治療法としては、保存治療をまず行うことが基本です。そうした腰椎椎間板ヘルニアの保存治療で、よく行われるのが牽引治療を行うことです。腰椎椎間板ヘルニアに牽引治療を行うと、椎間孔を広げることができます。椎間孔は神経根が圧迫される場所なので、腰椎椎間板ヘルニアの原因となる場所なのです。そのため椎間孔を広げるようにすると、神経根の圧迫が緩和されて、痛みの軽減に役立ちます。牽引治療の場合には、消炎鎮痛剤を用いないために、胃腸への負担がかかりません。したがって胃腸障害を起こし易い人は、牽引治療を積極的に行うと良いのです。

使い分ける必要があります

このような牽引治療には、2つの方法が存在します。まず一つ目は入院して持続牽引を行うことです。持続的に牽引を行うことで、椎間孔を広げる効果を継続します。すると神経根の炎症が緩和して、疼痛の軽減が早まるのです。しかし持続して牽引すると、負荷が大きくなるために、牽引する力を弱めにする必要があります。次に2つ目は通院で間欠牽引を行うことです。間欠牽引を行う目的は、短時間に効果を発揮させることです。短時間に効果を発揮するには、そのぶん牽引する力を強めにすることが必要になります。しかし強い力で牽引すると、負荷が大きくなるために、間欠牽引にするのです。このように腰椎椎間板ヘルニアに対する牽引治療は、使い分ける必要があります。

社会復帰の早い方法

woman

中高年になると、腰椎椎間板ヘルニアを発症する人が増えます。社会復帰を急ぐ人が多いため、内視鏡を用いた手術療法に踏み切る人が大半を占めます。最近では内視鏡を使わず、特殊な針を用いた経皮的椎間板切除術という手術も登場しています。

もっと読む

スポーツ選手と高齢者

woman

現場復帰を急ぐスポーツ選手の場合、腰椎椎間板ヘルニアの治療として、経皮的椎間板減圧術を選択する確率が高いです。身体負荷が少なく済むためです。しかし、脊柱管狭窄症や変形性腰椎症を併発している場合、複数の治療を組み合わる必要が出てきます。

もっと読む

腰椎の疾患

自然

腰椎椎間板ヘルニアは生まれつきの異常によって発症することが多いと言われていますが、悪い姿勢や喫煙などもリスクファクターとなります。治療には基本的に保存療法が適用されますが、改善が見られない場合や緊急時には手術が行われることもあります。

もっと読む

Copyright © 2016 使い分ける必要があります|腰椎椎間板ヘルニアは治療で良くなる All Rights Reserved.